キョウゴクと白瀬咲耶さん

 どうも。ミリ福岡公演が差し迫ってるのに何一つ実感を抱いていないキョウゴクです。オタクがマリンメッセ福岡に大集結するらしいね。現地行かれる方は対戦よろしくお願いします。 いいかげんWelcome‼やってくれ、JUNGO。本題に入るか。

 

 

白瀬咲耶さんお誕生日おめでとうございます。これからもよろしくおねがいします・・・

 それにしても一年って早いものですね。昨年も祝っておりましたが、Wing優勝ができたかどうかのレベルでしたね。プロデューサーズカップなんていうもの地獄はなかったし、グレフェスなんてものもなかった。BW01リリイベに当選して白瀬咲耶さんに運命的なものを感じて彼女の担当プロデューサーになりましたが、ここまで魅了されるとは思わなかった。

 あまりガラでもないんですが、かる~く担当語りでもしましょうかね。私は彼女というのはアイドルとして完全無欠とも言っていいポテンシャルがあると思います。でも、その分(?)といえば良いのかな。無理をしたり、育った環境からくる本人の不安定さというか・・・一種の庇護欲的なものを感じましたね。最も私は守れる程強くないのですが。でも、私は彼女がアイドルとして成功するためになにか出来れば・・・の一心でプロデュースしてます。プロデュースする理由というか原動力ですね。

 コミュに関して言うとファン感謝祭のコミュが良く出来ていますね。多分一番刺さったのはこれかなぁ。全体的に良いコミュなんですけど、「ねぇ。アンティーカ」までにたどり着く上で用意されてるコミュが「感情」になれるんですよね。「ねぇ、アンティーカ」につながるように出来てる。咲耶さんの「不安定さ」というものが描写されているなぁと感じましたね。咲耶さんとアンティーカの四人の間で気持ちが入れ違うのは心に来ましたね・・・シナリオライターさん天才。 

 あと、八巻アンナさんのおめでとうツイート見ました???いや、エモの固まりすぎる。あの人わかりてが過ぎますね。いや、シャニ1stから確信してるんだけど、あの人こそ咲耶さんトッププロデューサーですよ。咲耶さんの中の人があの人で良かった・・・

 こんなもんにしておきます。なんかうまく文章にならないで・・・また、コミュの話とかはそちらメインでまた改めて書きます(ホンマか?)。終わり。