懐かしきあの日

 どうもキョウゴクです。そういや「あの(?)」ライフリング4GO!GO!ライブ Vol.1から2年らしいですね。別に内容は所感程度にしかないですが書こうと思います。

 元メンバーの熊田茜音さんの下記ツイートを見て思いだしました。

  

 いや、なんかすごい感慨深いツイートですね。我々オタクサイドからすると、ぎゅうぎゅうでありえん狭くて舞台と客席フロアの段が小さいせいで後ろだとほぼ見えなくてしかもただでさえ狭いライブハウスでモッシュ起きたとか後ろはピンチケ(MIX)をやりすぎたとかで演者に怒られたとかこういう記憶しかないです・・・。いや悪いのは我々ピンチケでやねんけど。なんか申し訳ありませんでした・・・。

 

 まぁちょっと冗談は置いといて、こんな書き方してますけど一切悪く思ってるところは無くて上記ツイート通りニコニコな感じです。あの時は私がまだそこそこにアイマスが好きで八巻さん推しで(こんな書き方ですが別に今も好きです。推し変してないよ。)、なおかつ新しくライフリング4という仕事が決まったわけでめちゃくちゃ嬉しかったなぁという感じです。でまぁ、ドル売り(?)なわけですから、すごい新鮮で(また地下はそれほど行ってなかった頃)ワクワクしてました。まぁそれが当日になってみると治安がバカほど悪かったわけですが・・・。声優系現場ではずいぶん珍しい空気だったなぁ。

 

 あの頃とはずいぶん変わりましたねぇ。Machicoさんとか南さんは元々ミリオン効果でそこそこだったけど、八巻さんも熊田さんもあれ以来で活動の場が増えた(ハズだ)し、彼女たちにとって多かれ少なかれいいきっかけだったりいい影響を受けたり(悪い影響を生じさせた気しかしないけど・・・)したのかなぁと推測ながら思います。あとはわけわからんウイルス流行って大変なことになるし(コレのせいでライフリング4がアレな終わり方をした)、オタクは地下行きだし(関係ないやろ)。いやでも私もある意味ライフリング4で狂わされた人間かもしれん。あれがきっかけでMIXを本格的に履修したもん・・・。

 

 

 本題に戻りますが(?)、熊田さんと同じくあの頃は私の中の懐かしくていい思い出です。オタクと一緒にめちゃくちゃしたのは忘れないよ・・・。ライフリング4それぞれの今後のさらなる御栄達を願って。ライフリング4よ永遠なれ。 

 

 あと末尾に当該イベントの当時のブログを貼っておきます。興味があればどうぞ。

 

kyogoku-0320.hatenablog.jp

 

名阪移動は近鉄全線株主優待券が一番安いから正解というわけではない。

 こんな題名ですが別に交通機関の話をしたいわけではないんですよね・・・。

 どうもキョウゴクです。題名が特に思いつかなかったのでこんな名前になりました。

 

 一応真面目に話をすると、JR高速バスの名神大阪線超特急が一番バランス良いと思います。早割で取れれば株主券の調達価格と数百円しか変わらないし(株主券が概ね1100円~1600円程度に対して早割バス運賃金額1900円。参考までにバス普通運賃は3000円)、所要時間はバスの方が短く、乗り換えは当然不要で便利さではバスに有利に働くかと(運が悪いと定時性もクソもなくなるけど)。まあ新幹線なり近鉄特急に乗れるならそれに越したことはないのですがね。          

 

 この土日は山梨に人が集結してたらしいですが、私はFES☆TIVEツアー大阪・名古屋公演に行ってました。FES☆TIVEさんを見たのが関ケ原歌姫合戦以来で単独自体は見たことなかったんですが、予想通り楽しかったです。そこそこ上流の現場漁ると外れないんですよね。曲強いし、そこそこかわいいし、歌もダンスもそれなりに仕上がってるので。

 

 名古屋公演では最近知り合った名古屋界隈のオタクと合流して一緒に見て飯とか行って現場の話をしたりもしました。お互い行ってた(過去形)現場が被ってたりして「良い話」が出来て良かったと思う。こういう話ができるオタクは貴重ですからね・・・。

 

 閑話休題。とうとう谷麻由里さんとトイプラが民事裁判に突入しましたね!これの話をするつもりだった。まぁセクハラ・パワハラ等の損害賠償請求(多分不法行為に基づくアレ。709条請求やろ)と未払い給料で合計約700万。もともとこの発端は昨年の8月ごろの谷麻由里本人による告発で、当時私は驚きのあまり転げた記憶がありますが冷静に考えるとまぁ起こって当然というか・・・そういうところですね。あの事務所ならやりかねないなぁというのが。この思考に至った経緯流石に・・・というかマジで書けないので割愛しますが、とりあえずあの事務所が企業統治とか法令順守にかなり薄いのは疑いの余地はないので(無慈悲)、司法によってしっかり裁断していただきたいところです。谷麻由里さんの活動がこれからもうまくいくよう願ってやみません(賠償金がソロ活動に寄与されますように)

 事務所はともかくきらほれとすたふぃおはどうなるんですかね。まぁその辺は追って。

 当該案件についての記事というか出典というか。貼っておきます。

www.sankei.com

 

ライブハウスで酒が飲める日

 こんばんは。キョウゴクです。

 こんばんはということで夜に書いてます。最近あらゆることに興味が湧かず死んだように過ごしてます(オンライン講義というのも相まって)。

 

 コロナ流行以降、ライブハウスのドリチケから酒が消えた気がします。確かに酒飲んだら声デカくなるし、感染予防としては仕方ないのかなぁと思います。はたまた、行ってる現場が相対的に上昇してきたのかもしれません。そう考えると、流行以前にバーカウンターでハイネケンなり氷結なり交換が出来て、「600円」の安い酒が貰えたことを懐かしく感じます。

 

 そもそもライブで酒がいるのか?みたいな話でもありますね。なんか個人的に思うのですが(偶然オタクも言っていたのですが)、

「酒飲んで無理やり高まるのは負け」という言説です。

 別に根拠があるわけでもないのですが、なんかこの辺は確かにそうだなぁと思います。シラフで曲聴いてありのままに楽しむのが一番いいことだと。今でもこの考えには共感できますし、やはりそうなのだと思います。ただこの考えとは別にある疑問を最近感じるようになりました。

「どう転んでも自分にとってオモロイと思えない演者が来た時どうすればいいのか」

ということです。いやステージ見とけばええやんか、それではアカンへんの?いや見とけばいいんですよ、その通りです。でも人間の集中も限界があります。そもそもライブ鑑賞(ドルでも二次元系でもなんでも)は所詮娯楽の範疇になるものだと思います。その娯楽の範疇に収まるものをやりたくもない勉強や仕事と同類の集中力を発揮してまで見ないといけないのかと思うわけです。反対に好きな演者であれば、仕事や勉強以上のはるかに上回るような集中力で見ることはできますし、それを嫌がることはあり得ません。しかし、特別興味があるわけでもない演者にどうして労力を払ってまで集中せねばならないのか、と疑問に思います。
 

 もちろん、その「オモンナイ」がたまたま自分の趣味趣向・哲学に合わなかっただけということは当然にありえますし、寧ろ見方を変えることによって考えや評価を改めることは珍しくありません。しばらく見ないうちに伸びてくることもあります(その場合は後悔するのが関の山ですが)。確かに見方を変えて楽しめるならそれでいいのですが、それでも「オモンナイ」ならどうするのかと。

 

 そこで酒の出番です。チューハイ一缶、ビール一缶くらいならお酒に弱い人は別ですが、強さが普通程度であれば飲み干すといい感じにリラックスできます。そのくらいになると肩の力も抜けますし、「いろいろな演者がいるんだなぁ」と高をくくってライブに切り替えができます。傍から見ると楽しそうな人間になれると思います。正直あんまり興味を持つことが出来なかった演者のパートで椅子があれば椅子に座って、あるいは壁にもたれて、はたまた下を向いてスマホを弄っているよりは少なくとも外面上は良い気がします(ややもすれば、演者に低まってるのを見られるよりはマシ)。

 

 ・・・なんか最初に酒に頼ったら負けとか言いながら、結局酒に頼ってますね。なんやねん。別に酒が飲めないとか飲みたくないなら、別のルーティンで気持ちを切り替えればいい話ですし(例えばエナドリ飲むとか)、普通に楽しめたならそれに越したことはありません。

 

 最近古巣の地下に潜って知らんドルがゲストとかで見ててなんか食指がのびんなぁ、興味が湧かないなぁと思って書きました。まぁ自分が変われれば何の苦労もしないんですがね。もはやワクチン普及してコール等解禁されるのを待つしかない模様。

 

 早くライブハウスで缶を飲みたい。

 

 

漂泊の果てに

 

 どうもキョウゴクです。

 

 まぁなんか気づいたら地下にいました。なんでこんな有様になったんだろう・・・。

 ブログ自体が久しぶりすぎてよくわからない(?)ので、とりあえずなんでこうなったのかなぁと振り返ってみたいと思います。自分の思考の整理だったり、なにかしら後学のためになれば幸いに思います。

 元々いわゆる地下現場デビュー自体は2019年3月でした。当時キラフォレ(煌めき☆アンフォレント)さんの3rdツアーが名古屋ボトムラインであり、それに行ったのが始まりです。ちなみにどうしてそのアイドルを選んだのかってハナシではあるんですが、You Tubeでたまたまそのドルの動画を見て興味を持ったのがきっかけです。

 いやぁ、最初に行った時の衝撃は忘れられないですねぇ・・・。フロアの空気・オタクの動きが険しいし、よくわからんコール(mix)が飛び交うしで当時はひたすら困惑してました。これに加えて、CD買ったら特典券が貰えて集めたら接近とかいろいろ出来たこと、チェキ券1000円(当時のレート)で推しとオハナシして2ショットが撮れたことなど、何もかもが新鮮でした。一番衝撃だったのはやはりチケット代ですね。だいたい地上・声優系だと7000円とか8000円とかそれ以上くらいが相場ですが、この時の現場は2000円でした。2000円でライブがこの値段で行けるのかと。

 行き始めはこんな感じでした。それでも当時はアイマスとか声優系(以下二次元系とします。厳密に言うと適切ではないのですが。)のイベントがそこら中に生えてたので、並行しながらたまにライブハウス潜ってました。

 このように色々現場を漁ったりして過ごしていたのですが、ナントカウイルスが日本に上陸して以降、大きく変わってしまいました・・・。この時の事象としては、

 ①まず、どちらかと言えば自分の中で比重の大きかった二次元系のイベントがお釈迦になったことで、「虚無」になりました。今後数か月の予定が全部パーになって訳ですから当時は本当に悲しかったのですが、いま思い返すとあの当時コンテンツと自分の距離感をまともに考えることが出来た時間になったのだなぁと思います。

 ➁コンテンツとの距離感を見直した結果、二次元系と距離を取ろうと図ったこと、それに代わってドルに興味が湧いたことです。当時、ドルのフェスだったり対バンだったりに行って、他にはどんなのがいるのだろう?ともっと楽しい現場はあるのだろうか?という単純な興味を抱えており、その結果気づいたらと二次元系から離れてました。

 気づけば①と➁を経由して1年が立ってました。あと、この期間中に地下の推しも卒業しちゃったし。こんな感じで当面はニョキニョキ這い上がることもなさそうだなぁ。

 

 

 個人的な意見ですが、坂道とかハロプロとかの天空から地上まではともかく、地下は闇も沼も深いのでまぁやめた方がいいと思います。正直に言ってマトモな感覚をもっていれば、そうそう行くことはないかと思いますが。私はどうしようもないガ㊙ジなので、地下が快適です。

  以上より、私はこんな経緯で地下に行きました。地下のオタクも千差万別ですが、だいたいの人は元々上の世界で楽しんでいたのだなぁと思うとなんともいえぬ寂寥感を覚えますね・・・。駄文失礼しました。何か参考になれば(なるか?)幸いです。

2019年を振り返って

 

2019年、今年も色々あったなぁになったので、今年行ったイベントとか振り返ってみました。

 

1月

 

実は特になかった。在宅。シャニマスで初めてグレ7到達したのがこの時だった気がします。今となっては化石になったイルミネ編成でしたね。またぶらり旅さんはまだなかった。シャニ1stの当落がありましたね。CDボケみたいに積んで大変だったけどただただ嬉しかった。

 

2月

 

記念すべき第一回目の悪夢のプロデューサーズカップさんが開催されました。咲耶さんで1位もらいました。もうやらん(大嘘)。

一緒に通話してた身内オタクが成長Chu→LOVER‼︎やりながらオーパスシャニマスするとかいう地獄味わうという珍事がありました・・・大変そうだった・・・

 

3月

 

記念すべきシャニ1st開催。スプレでボロ泣きして、バベルシティ・グレイスで多動しすぎて連番者に笑われた。ライブで泣くなんてよほどですよ。色々シャニのオタクに会いましたね。楽しかったなぁ・・・

あとはTrysailさんと煌めき☆アンフォレントさんのライブに行きました。まぁ声優現場とか地下の方が楽しいのは本質情報。フリコピとmixの楽しさを味わった。今付き合いの深いオタクはこのころから本格的に絡むようになりました。

 

4月

 

在宅。第2回プロデューサーズカップがありました・・・ワテクシが雑魚すぎて咲耶2位でした。

二月に地獄を見たオタクが「マジ」の地獄を見てました・・・オタク通話が限界になったね。ちなみにそのオタクは無事10傑入りを果たした模様。おめでとうございます。

あと第一回で大崎甘奈13位とった別の身内オタクが今回「も」13位になってました。これは伏線です。

 

5月

 

初めて地下のドルフェス行ったり、あと引き続きトラセツアーで広島に行きました。バスで片道7時間ワロタしてたけど、とにかく楽しかったです。会場で寿司食ったり、オタクがベイブレードしたり・・・ワールドカオスしたり。。。

あと現地LVですがミリ神戸に行きました。どうやらこのころから地下に慣れ始めた(?)らしくて、アイマスのコールってどんなんやったっけ・・・?になった。尼崎LV意外と治安悪かった(褒め言葉)。このころからペンラ捨てたはず。あとなぜかこの時期くらいから名古屋に流刑食らいました。早く脱出したいです。

 

6月

 

そこそこ遠征しました・・・今は亡き(コラ)ライフリング4、ランティス祭、ミリ福岡に行きました。ライフリング4さんですが、レギュがザルでピンチケ現場だったしチケットが「手動」で当選を知らせたりと険しい要素モリモリでしたね・・・愉快だったしいいけど。Machicoさんに怒られてしまった。やりすぎはやめようね!

 あと悪夢のランティス祭。(流石に一曲で帰るのは)いかんでしょ。まぁ期待すぎた自分らが悪いところはあるし、普通にフェスとしていろんな曲聴ける点で言えばそこまで悪くは無いと思います。ていうかカラオケブースがメチャクチャ楽しかったしあれが本体でしょ。私のヤバすぎる多動がTwitterに流れてた動画になぜか映ってた。自分で言うのもアレですが人間の動きではなかったですね・・・

 あとミリ福岡楽しかったですね!フェアリーやっぱ曲強いわ。福岡県、飯がうまい。打ち上げを身内オタクでしたんですが、1名が現地LVかチケなしだとかで一番最初に打ち上げ会場いるんかな〜とか思ってたらそのオタクが「なぜか」酒で出来上がってて遅刻するとかいう事件があった。今じゃ笑えるけど、そのときはヒリついちゃった・・・まあいいよ。日付変わってミリ周年が始まりましたね・・・身内オタクが美希5位取ったようです。おめでとうございます。私は来年ですね・・・走れるかな。善処します。ちなみに私はゆっくり帰るつもりだったのですが、諸事情で試験が早まるとか言うので無限にヒリつきながら飛行機で帰って試験受けました。ゆるさねぇ。

 

7月

 

関ヶ原唄姫合戦に行きました。初の野外フェスです。クッッソ楽しかった。升なんて一生いかねぇ。来年も行くぞ行くぞ。あとライフリング4が早々に2回目のライブということで行きました。相変わらずピンチケで面白かったです。振り返ればこの時までが絶頂期でしたね・・・

他にもトラセツアー愛知もありましたね(二日目のみ)。Sunsetカンフーの家虎が大阪・広島よりも揃ってて感動しました。オタクたちがキレイに成長させてきたサビ前家虎をFoo〜で済ませるミュージックレインを許すな。

 

8月

 

学とオタク趣味で4往復しました・・・夜行バスと18切符のみで往復したのでけっこう大変でしたね。NiaNiHiLさんのデビューライブに行きました。これまで見てきた現場とは空気感が違って面白かったです。タイミングがうまく合えばまた行きたいところ。あとはサマパとLE@DERのリリイベがありましたね。サマパは最前から3列目とか言うありえん人権を手に入れる奇跡を引き起こした。これが初代咲耶1位ですよ。

連番者曰く多動してたり、床になってたとか言われました。あんまり自覚ないです・・・まぁ前。前と右横通路だったので、多動を極めてたのはそれはそう。

あと私が新宿の仙人らしい。ライフリング4?え?

 

9月

 

上半期の9月2日から7日まで東京滞在でした。宿をホニャホニャしてくれたオタク、泊めてくれたオタク、大変お世話になりまさした!やるな笑笑

デレ幕張・サンドリオン・キラフォレを回しました。どれも良かったね〜でもまぁサンドリオンはもういいかなぁ・・・

デレ幕張といえばこのころからJUNGOが変わり始めましたね。相変わらずなところはあるけど、セトリがだんだんマシになってきた気がしました。

下半期は、ミリ追加公演に行きました。ムーブがけっこう険しかったせいで(主に寝る時間がなかった)けやきひろばでスヤスヤしちゃった。

なんかスタッフメチャクチャ厳しくなかったですかね・・・?wkwkさんが4回私のところに来ました。なんだったんだアレ。それに反して前のオタクが混沌打ってたけど、なんもなかったぞ。多分目に見える行為以外は問題ないらしいね。

 

10月

 

悪夢も第3回プロデューサーズカップ開催。しかもバンフェスと被せるとかボケだろ。一生許さん。そう言うわけで咲耶4位になりました・・・

伏線と書いていた大崎甘奈13位さんですが、とうとう三度目の正直(?)で大崎甘奈10傑入りを果たしました。おめでとうございます。このオタク仕事はモチロン、期間中に2日で30時間とか言うボケ労働がありながらもそれを乗り越えての10傑だそうです。ヤベェよ。ピッツァ部にも徐々に10傑入りが増えてきました。これとは別にあと8月からピッツァ部で指導してきたシャニ初心者のオタクが早くもチョコちゃん10傑入りに成功しました。やる気があればなんとかなるもんなんやなぁ・・・おめでとうございます。

11月

 

CUE!!とデレ名古屋に行きました。

住民トラブルが険しかったです。警察沙汰。これだから名古屋民は・・・。泊めたオタク、その節はすいませんでした・・・

高校の同期と久し振りに会いましたね。現場デビューの奴もいて楽しかったとのこと。何よりです。現場に行こうな。

あと、連番者と担当案件で横転しまくりました。デア・アウローラなんて聞いてねぇぞ。後から聞いた話なのですが、身内オタクが自分たちの後方にいたらしくて、動きがやばかったとのこと。見られるとか泣きアニメでしょ。

 

12月

 

初めてMachino現場に行きました・・・ライフリング4でやりすぎた謝罪に・・・

現場の空気はいいですね。ウリャオイ聞こえるだけでニコニコするしいい現場でした。でもやっぱりmix禁止とか書かれると笑ってしまう。

あと八巻アンナさんの出演される舞台を観に行きました。正直某アイドルユニット組んでやってけど、ぶっちゃけ舞台の方が合うんじゃないと?とか思ってましたが、正直舞台やってる方が合うと思います・・・(個人の感想です)。琴線に触れるいいシナリオでした。思わず泣きそうになってしまいましたね。実際感動で涙を浮かべている人もちらほら。

あと関西イベンターズ忘年会に参加させていただきました。主催いなかったけど・・・各方面のイベントの話は面白いですね!

 

まぁ雑多な文章で申し訳無いのですが、こんな感じで活動して来ました・・・

イベ減したいなぁとは思ってますが、どうせ来年も夜行バス乗ってると思います。

2019年、お疲れ様でした〜来年も対戦よろしくお願いします・・・

 

 

 

 

すばらしき地下現場と「お気持ち表明」

  

  • 近況報告(?) 
  • お気持ち表明について

 

近況報告(?) 

 どうも。Pカップで必死に走って色段取ったり、ミリシタのLEADER!!イベのプラチナ(こっちは2500位内)を取ったりイベランを頑張って真剣なプロデューサーのフリをしてましたが、地下から戻れそうにないキョウゴクです。まぁイベランをしてそこそこ良い結果を残したからと言って真剣になれるというもんでもないですけどね。プロデュースには色々な「カタチ」があるので。

続きを読む

キョウゴクと白瀬咲耶さん

 どうも。ミリ福岡公演が差し迫ってるのに何一つ実感を抱いていないキョウゴクです。オタクがマリンメッセ福岡に大集結するらしいね。現地行かれる方は対戦よろしくお願いします。 いいかげんWelcome‼やってくれ、JUNGO。本題に入るか。

 

続きを読む